京都大学附属病院 Kyoto University Hospital

京都大学医学部附属病院総合臨床教育・
研修センター

Kyoto University Hospital
Integrated Clinical Education Center

センターの紹介

ご挨拶

センター長
辻川 明孝(眼科教授)

辻川 明孝

京都大学医学部附属病院は、「患者中心の開かれた病院として、安全で質の高い医療を提供する」「新しい医療の開発と実践を通して、社会に貢献する」「専門家としての責任と使命を自覚し、人間性豊かな医療人を育成する」という3つの基本理念を掲げています。そのなかでも優れた医療従事者を育成することが京大病院の一つの大きな使命です。そのために、総合臨床教育・研修センターでは医師のみならず、看護師や放射線技師、検査技師、薬剤師などメディカル・スタッフの卒前卒後の教育を行っています。

安全・安心な医療を行うためには、最新の医学知識・確かな技術、高いコミュニケーション力、患者さんを思う心のいずれもが必要です。京大病院は長年にわたって大学病院として医学生や研修医、メディカルスタッフの教育・指導を行ってきましたので、知識・技術の教育には蓄積されたノウハウがあります。また、他職種のメディカルスタッフ、患者さんとのコミュニケーション力を高めることにも力を注いでいます。また、医療従事者として患者さんと接する姿勢は最初に形成されます。「患者さんを中心とした医療」を実践するためには「患者さんを思う心」を育むことが初期教育においては非常に重要です。同じ志を持った多くの仲間、熱い心を持った経験の豊富な京大病院のスタッフととともに、医療人としての第一歩を踏み出していただきたいと思っています。総合臨床教育・研修センターは皆さんの熱意を歓迎し、全力でサポートいたします。

医師臨床教育・研修部長
伊藤和史(総合臨床教育・研修センター 特定教授)

初期研修の2年間は、その後の専門医や研究を含めた様々なキャリアの通過点ですが、その2年をいかに過ごすかで、その後の医師としての基本的な姿勢や方向がかなり決まります。
京都大学病院研修プログラムは、優れた指導者や研究者が身近に豊富にいることもさることながら、大学ならではの多種多様な研修の機会を提供しています。
出身大学には全くこだわりません。現在も半数以上は他大学出身者です。ここ数年で卒前の医学部教育や卒後の専門医制度が大きく変化しており、初期臨床研修も、2020年度からプログラムや評価システムなどが改訂されています。そのなかで多くの人材が京大病院での初期研修を経て、その後のプロフェッショナルとしてのさらなる研鑽や活躍に繋げていっていることを嬉しく思います。

歯科医師臨床教育・研修部長
別所 和久(歯科口腔外科教授)

別所 和久

当歯科医師臨床教育・研修部門では、「知識を十分に活用出来得る思考能力を備えた頭脳」、「優れた最先端技術を習得した腕」、「患者さんのことが思い遣れる優しい心」の3つを修得し、併せ持つ歯科医師を育てることを理念とし、研修教育に当たっております。

京大病院歯科医師臨床研修プログラムには、京都大学医学部附属病院群歯科医師臨床研修プログラムと京都大学医学部附属病院単独型歯科医師臨床研修プログラムがあり、様々な基本的診療能力を効率的に研修医が身に付けられるよう企画されています。歯科医師として必要な隣接医学の知識習得や救命救急処置研修が行え、基本的な診療能力を修得するに留まらず、科学的根拠に基づいた医療を実践するとともに、医師と患者のコミュニケーションを大切にし、病める患者の身体的異常のみならず、こころの全体像を把握し、全人的な幅広い診療能力を身に付けてもらうことを目指しています。

このように京大病院歯科医師臨床研修プログラムおよび京大口腔外科卒後研修プログラムでは、当科と関連病院においての幅広い研修が可能で、どの段階からの参加も可能です。経験豊富な指導医を揃え、医療に対する高い志を持つ歯科医師の参加応募を、門戸を大きく広げお待ち致しております。